tarushiru mug.

頑張りすぎない、心地よくてごきげんな暮らしと育児を模索する母のブログ。

【乳幼児連れのゴミ出しが面倒問題】取り組んでわかった燃えるゴミを減らすコツ。

こんにちは、たるしる母です^^

夫が長期出張で2週間もいません。

わたし、妊娠9ヶ月。どうも、ワンオペかあちゃんです!

というわけで、暮らしはますます省エネモード

 


普段は夫が燃えるゴミのゴミ出しを担当してくれているのですが、不在。

寒くなってきて、ゴミ出しがさらに億劫なので、この二週間は燃えるゴミを出さずに暮らそうと取り組んでいます。

 

f:id:uninohone:20181130220731j:plain



 

 

 

燃えるゴミの正体を考えてみた。

 

 

お恥ずかしい話で恐縮ですが、

今までゴミの分別は、「燃えるゴミ」の懐の広さに甘えて

ほんとうに大雑把に行っておりました。すいません。

 

 

気を抜くとなんでも、「まあこれも燃えるよね」と燃えるゴミにいれてしまいがちだったわたし。すいません。

普段は週に二回、20Lのゴミ袋で出していました。

 

中身でいうと、生ゴミティッシュ、紙ゴミが大半。

洗うのがめんどくさい資源プラスチックごみなんかもいれてしまっていました・・・。
ごめんなさい。

 

 

燃えるゴミを減らすコツ①分別をする。

 

わたしの住んでいる地域では「資源紙ゴミ」の回収が月2回しかありません。

それまでゴミを保管しておくスペースがもったいないと思い、申し訳ない限りですが、紙ゴミとして分別していたのは、ダンボールや雑誌、漫画などの大物のみ。

 

チラシなどの「雑紙」は、生ゴミを包んですてるのに使用したり、そのスペースもいっぱいの時は燃えるゴミにしておりました。。。

 

同じく、むすめが飲むジュースの紙パックなんかも、小さいものは開いて洗って乾かして、、、の手間が面倒すぎて、こちらもテキトーに燃えるゴミにぽい。。。すいません。

 

 

まずは「雑紙」を「資源紙ゴミ」へ。

食品パッケージなども「紙」マークがついていないか確認。「資源紙ゴミ」に分別するようにしました。

 

 

燃えるゴミを減らすコツ②生ゴミを減らす。

 

燃えるゴミ界一番の大御所生ゴミです。

取り組む前は一食で水切りカゴ一個分くらい出していたのが、一日で片手に乗るくらいまで減らすことができました。

 

取り組んだことは以下。

 

①野菜の皮や葉っぱを食べる


美味しさに惹かれて有機や無農薬の野菜や果物をなるべく選ぶようにしています。


ただ、よく洗うのが面倒で普通に皮を向いていたのですが

きちんと洗って利用することにしました。

栄養もありますし、料理も一品増えます。

 

 

②料理をするときに細心の注意を払う

 

野菜を切ったあとまな板にのこっている端切れ。

盛り付けの時にフライパンに残ったちょっとした残り。

ご飯釜に残ったお米のつぶ。

 

食べられるけど、面倒で大雑把に扱ってしまった食材が

つもりにつもって生ゴミになっていたのだと気づきました。

 

料理をするときに、注意を払うだけでも生ゴミはかなり減ります。

 

 

③残飯を出さない

 

大人だけなら残飯はあまり出ないかと思うのですが、

小さい子どもがいると、結構残飯がでますよね。

 

今までは、むすめの残したものを食べたり食べなかったり。。。

自分がお腹いっぱいのときに、人が残したたべものを食べる気にならなかったのです。

 

でも、ゴミの減量のためなら!(そこまでゴミ出ししたくないのかっていうw)

子どもは「食べ物を残す」という前提で、自分のごはんを少なめに盛り付けることにし、なるべく残りを食べたり、食べなかった分は次の食事のときにリメイクして使ったりするようにしました。

 

むすめの食べ残しも結構な量を占めていたことに気がつきました。

 

④お茶殼・コーヒーのカスは乾かして土に混ぜる

 

お茶が好きなので、ゴミとしてよくでます。

お茶っ葉・コーヒーかすは乾かしてから捨てることにしました。

テキトーにプラ容器などの上に広げておくと、すぐにカラカラになります。

 

このまま捨ててもいいのですが、

ベランダに土がたくさんあるので、牛乳パックに土を入れて混ぜてみることにしました。

 

コンポストにも興味があるのですが、

まだわたしにはハードルが高く、ゆる〜い感じでやってみて、気乗りしそうだったら深めていきたいなと思っております。

 

毎日お茶殻を追加しつつ、家で出た落ち葉やちょっとした野菜くずや卵のからを少量まぜまぜしてみています。どうなっちゃうんだろう、これ。実験みたいでおもしろいです。

 

 

 

燃えるゴミを減らすコツ③なるべくティッシュを使わない。 

 

おしりふきやティッシュは育児の強い相棒だったのですが、

このたび相棒をガーゼハンカチに変えることにしました。

 

最近、粉石鹸での煮洗いにはまっていて

習慣になりつつあるので、ガーゼなら増えても苦にならなくなりました。

 

 

燃えるゴミを減らすコツ④小さくして捨てる。

 

プラスチックゴミ同様、燃えるゴミもなるべく小さく折りたたんだり結んだりするように心がけるだけでかなりコンパクトになります。

 

ゴミのかさを増やしているのは、大体が「空気」です。

 

 

 

***

結果:一週間で10リットル以下まで減量!

 

これまで、週に2回20リットルのゴミ袋でだしていた燃えるゴミ。

一週間経過した現在、20リットルのゴミ袋の半分以下までしか入っていません!!!

ということは、10リットル以下!!!4分の1くらいに減らせていると思います。

 

 

今までいかにゴミに対して無頓着だったか、思い知らされました。
燃えるゴミも小さなことの積み重ねで圧倒的に出す量を減らせます。

 


引き続きもう一週間、取り組んでみようと思います。

ゴミ問題に取り組むと暮らしがコンパクトになって面白いと気づいたので、またレポートしようと思います。

 

それでは、また!

たるしる母でした^^

 

(またね!)

 

 

↓ 読んでいただいてありがとうございます!
子育てブログランキングシンプルライフランキングに参加しています。
ポチッと応援していただけたら嬉しいです^^

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村