tarushiru mug.

頑張りすぎない、心地よくてごきげんな暮らしと育児を模索する母のブログ。

【2人目妊娠】妊娠30週で低置胎盤が治った!?話

こんにちは、たるしる母です^^

 

二人目妊娠もついに8ヶ月後半!

上の子がいると、よくも悪くも妊娠に気を取られることなく、月日がすぎていきますね。

 

先日30週の検診がありました。

わたし、この日の検診をそわそわ不安な気持ちで迎えておりました。

実は、「帝王切開にするか自然分娩でいけそうか、みてみましょうね」とお医者さんに言われていたからなんです。

 

 

 

f:id:uninohone:20181107153411j:plain

 

 

 妊娠20週の検診。「胎盤の位置が低い」と言われた!

 

一人目出産と同じ助産院での分娩を希望していたわたしは、もちろん前回と同じく自然分娩をするものと思っていました。

というか、まあ、、、なにも考えていなかった、とも言えます笑

 

助産院では、経膣エコーや血液検査などは受けられないので、提携病院での検診も受けています。

妊娠20週の検診は病院にて。

久しぶりに経膣エコーを受けたときのこと。

 

「ん〜。胎盤の位置が低いねえ。子宮口から1センチしか離れてないから、もしかすると下からは難しい可能性もあるねえ。まあ、また次回の検診でみてみましょうか。

はい、おつかれさまです!」

 

と、お医者さん。

 

「ありがとうございます〜。」

(ん???

って、あれ、今、下からは難しいかもねえ〜って言ってた??
ん??胎盤の位置が低い??一体どういうこと??)

 

お医者さん、かる〜い感じで、今なにか大切なことをいってたような!

下からは難しいかもね〜って、え、帝王切開ってこと!?

 

その後、検索魔となったわたしは、低置胎盤という言葉をしりました。

 

 

「低置胎盤」って?治すためにできることは?

 

子宮にくっついて、赤ちゃんに栄養を送る胎盤

通常は赤ちゃんの横や上のほうにある場合が多いようなのですが、

この位置が子宮口の近く、2cmの範囲にある状態を低置胎盤というそう。

 

子宮口の近くは刺激を受けやすいため、妊娠中も胎盤がはがれやすく大量出血を起こしやすかったり、

分娩時にも赤ちゃんが出てくる前に胎盤が先に剥がれてしまい、大量出血を起こすリスクがあるようなのです。

 

そのため、わたしが分娩予定の助産院では、子宮口から4センチ以上離れていないとお産できないことになっており、提携先での帝王切開になるとのことでした。

 

な、なんと。。

同じ妊娠とはいえ、妊娠の経過は毎回違うものなんだなあ、と実感。。

 

助産院で、「治すために何かできることはありますか?」と相談すると、

 

「こればっかりはねえ。安静にしていたって治るってものでもないのよ。

だけどね、これから子宮が大きくなっていくにしたがって、胎盤の位置が上がってくる可能性もあるから、まだ諦めなくても大丈夫だからね。

でも、出血がちょっとでもあったら、すぐに教えてね。」

 

とのこと。

 

胎盤の位置って動くの!?

胎盤って一体なんなの??と、疑問が湧きまくり。

この頃はもう、胎盤についてばかり検索していましたw

 

胎盤自体が動くわけではないのですが、

妊娠が進むにしたがって、子宮もどんどん大きくなっていきます。

風船が大きくなる様子をイメージしてもらうとわかりやすいのですが、

下のほうに印をつけておくと、風船が小さいときは下の方に印があっても

空気を入れて大きくすると、その位置が少し上のほうにあがってきますよね。

それと同じです。

 

また、胎盤自体の大きさも成長していくので、

この成長の過程で、上のほうに向かって大きくなってくれれば、位置はどんどんあがっていくし、下のほうに向かって大きくなれば、位置は下がっていきます。

 

 

つまりですね、できることは、なさそう。

下から産めるのか、帝王切開になるのかは、神のみぞ知る。

 

無事に生まれてきてくれれば、下からでも帝王切開でも、どちらでも構わないのですが、とはいえ、帝王切開は未経験。

費用のことや産後の入院のこと、退院後の生活など、2人目にも関わらず不安がいっぱい。。

とりあえず帝王切開についての知識を調べて、シミュレーションだけはしておこうと思っていました。

 

 

妊娠28週の腹部エコーでも「低い」と言われ諦めモードに

 

そして、迎えた提携病院での28週の検診。

この日は腹部エコーのみでした。

 

「うーん、そうねえ、まだ低いねえ。まあ、次回のときにチェックして決めようか」

 

とお医者さん。

えー。そうか〜〜〜。

やっぱり帝王切開、あるか〜〜〜。

 

気持ちはもう帝王切開モード。

ただ、

帝王切開だったら助産院より長く入院できそうだし、ちょっと息抜きになるかもしれない!」

「予定帝王切開になったら、もしかしたら陣痛の痛み、感じなくて済むんじゃない!?」

など、謎のポジティブシンキングを発揮していました。

 

 

妊娠30週の経膣エコーでなんと!位置が上がっていた!

 

そして、迎えた30週の検診。

経膣エコーで見てもらうと、

「あ、胎盤の位置大丈夫そうだね。子宮口からもう見えないくらい上にありますよ」

 

え!!!!!

まじか!!!!!

 

2週間でそんなに変わったりするの!?!?

胎盤って一体なんなの!?笑 ほんとなんなの!?

 

そんなわけで、わたしの胎盤ちゃん、低置胎盤から無事に通常位置へとシフトしてくれたのでした。

ずーっと心配していただけでに、少し呆気に取られた展開だったのですが、

そんなこともあるんですね。

命の誕生は、まさに神秘、摩訶不思議です。

 

***

まとめ

 

今、低置胎盤と診断されて心配な気持ちでいる方に、こんなケースもありましたよ、ということを伝えたくて書き記してみました。

 

診断されてから低置胎盤を治すために、これといって取り組んだことはありません。

いつも通り、2歳児と規則正しい生活をしていたことぐらいでしょうか。

 眠りづわりでいつも眠いので、大人にしては寝すぎなぐらい寝ているのは、ちょっと人とは違う点かもしれませんが...

(働くみなさんには本当に申し訳ないのですが、お昼寝も合わせて12時間以上寝ています。すみません。本当に。)

 

こんなケースもありましたので

治すためにできることはないかもしれないですが、

もし自然分娩希望であっても、希望を捨てる必要はないかもしれません。

 

それにもし、帝王切開だったとしても、子どもとお母さんが元気で無事であれば、それは安産であることに違いありません^^

少しでも気持ちを楽にして、出産の日を迎えたいですね♫

 

自然分娩になるか帝王切開になるか分からず、ずっとモヤモヤしていたので、方針が決まってやっとすっきりしました。

妊娠後期も楽しく過ごせますように^^

 

たるしる母でした〜^^